エージェントを利用する

転職エージェントに代表される人材紹介ビジネスはここ数年で急成長してきた業界。
その仕事内容は、まず求人を希望している企業におこなうヒアリングからはじまります。
ヒアリングした内容と求職者をマッチングして、最終的に雇用に結びつけることが最終目標です。

企業が転職エージェントを使うメリット

企業が転職エージェントを利用するメリットはいくつかあります。
採用、面接にかかるコストを削減できるということや、人事のプロに求人を一任することができるということです。
プロに採用を一任することで偏った人間場カリ集まるようなことを防ぎます。

求職者が転職エージェントを使うメリット

求職者にとっては転職エージェントから広範な情報を得られるといったメリットがあります。
求人情報についても企業側の都合もあって、求人全体の50%ほどしか一般公開されていません。
一般に公開されていない求人情報が得られることは大きなメリットです。

景気によって大きく左右される業界動向や、現在の転職市場を知ることもできます。
キャリアについての相談や面接指導、職務経歴書の添削も転職エージェントの仕事。
転職エージェントは転職の条件や待遇について企業と交渉するときも強い味方となる存在です。

転職エージェントのちがい

転職エージェントには様々な規模の会社があります。
百貨店的に豊富な企業の求人を取り扱うのが大手の転職エージェント。
業種や職種など専門に特化した求人を扱う傾向にあるのが中小規模の転職エージェントです。
大手の豊富なノウハウか、専門知識に特化した中小の手厚いサービスか、自分の転職にあったエージェントを選びましょう。
面倒な作業も代行してくれる転職エージェントは効率的な転職活動には欠かせない存在です。

インターネットで転職エージェントを探すこと可能です。
何社か登録してエージェントを比較するという方法もあります。
転職エージェント選びも大事な転職活動の一環です。