進学する学校の選択は人生でも大きなのターニングポイントです。
色々なところから情報を集めて後悔のない選択をしましょう。

学校の選び方

卒業生
学校を選ぶポイントの一つが自分が何をやりたいかです。
それを考えるために大事なのは、何を目的として進学するのか、意思をはっきり持つこと。
将来の就職や自分の興味がある分野、留学の夢など人それぞれだとおもいます。
目的を明確にしたり、将来への意思を固めるには体験入学に参加するのもお勧めの方法です。

やりたいことに直結した専門学校の教育

やりたいことが決まったら、ぜひ選択肢に入れてほしいのが専門学校。
専門学校ではより実践的、専門的な教育を目的にしているためやりたいことに直結した教育が受けられます。
即戦力を育てるための実習のようなカリキュラムが多いので、将来のビジョンが固めやすいのもメリットです。
インターンや企業研修など実際に働くことをイメージさせる課程が多いのも専門学校の特徴。

専門学校は全国で約3000校あり、学べる分野も多種多様です。
例えば自動車などの工業技術の専門学校、人の役に立ちたい人におススメの医療の専門学校。
ビジネススキルを高める専門学校もあります。
興味のある分野で実践的な教育が受けれるのは専門学校の強みです。

専門学校に入学するには

専門学校への入学を考えているならば体験入学やオープンキャンパスに参加してみましょう。
学校の雰囲気もわかりますし、学生の生の声を聞くことができます。
実際に実習を体験させてくれる学校もあるので、将来目指す職業が決まっている人にも参加をお勧めします。

専門学校への入学するには高校卒業程度を条件として選考をおこなう場合が多いようです。
高校によっては推薦入学を利用できる場合もあります。
休んだ日数や高校の評定が一定以上であることが要求される専門学校も存在します。

専門学校の近年の傾向として社会人入学の増加が挙げられます。。
働きながら資格取得を目指したり、キャリアアップを目指す人も専門学校に集まっているのです。
専門学校も夜間コースがあったり働く人を応援するようになってきています。
学費を働いて捻出しながら、夜間や通信で資格取得を目指すケースも増えているようです。

専門学校選びは慎重に

もちろん専門学校選びは重要なポイント。
専門学校修了を学歴にしたければ都道府県知事の認可が受けた学校でを受けることが必要ですし、目指す資格が取得できるかも確認が必要です。
就職実績を見ることで、自分が目指す業界への就職が可能かどうかも確認できます。
就職サポートがしっかりしているかもチェックポイント。

自分が興味があるカリキュラムや実習があるかも調べましょう。
同じ名前の学科でも内容が違うことが良くあります。
留学を目指す人は、海外提携校があったり研修制度がある学校をチェックしましょう。

卒業するまでにかかる学費や、学費支援制度があるかどうかも大切です。
留学を目指す人には援助制度があると助かりますね。
学校によっても大きく違うので比較検討しておきましょう。

専門学校を選ぶときはひとりで考え込むのではなくて、人の意見を聞くことも大切。
オープンキャンパスに参加して、実際に通っている生徒の話を聞くこともできます。
OBやOGの話が聞けるようならそれも参考になるでしょう。

関連記事