専門学校の現状とは

専門学校は全国に約3000校と多数あります。、
学校数や種類が近年増加して学校同士の競争や差別化の流れも進行中です。
専門学校というと就職のためであったり、資格取得というイメージが強いのではないでしょうか。
ところが近年、専門学校のイメージは大きく変化しています。
ここでは専門学校の基本的な概要と、ここ最近の動向について紹介させていただきたいと思います。

専門学校とは専修学校のうち専門課程がある学校。
では専修学校とはどういう学校なのでしょうか。
専修学校とは、1976年に創設された実践的な職業教育や専門も技術教育を目的とした学校のことです。
専門学校は専修学校のなかの約9割を占めています。

専門学校と他の教育機関の違い

専門学校のカリキュラムは、より直接的に就職を目的した実践的なものが多いようです。
カリキュラム自体が資格取得のために必要な過程になっていることもあります。
2年制の学校が多数派ですが、1年制から4年制まで分野によって幅があるのも専門学校の特徴。
一定の条件を満たせば専門士や高度専門士の称号が取得でき、大学への編入学や大学院の入学資格が与えられます。
専門学校卒業後の進路も、多岐に広がっているのです。

専門学校からの就職

平成24年度の文部科学省の調査によると専門学校の就職率は94.1%。
公務員試験でも国家公務員から地方公務員まで、ほぼすべての職種で合格者を出しています。
国家資格の合格者も多く輩出。
やりたい分野に直結した教育が受けられるというのは専門学校の特色です。
そのため就職に関してもビジョンを持って、志望する会社を絞りやすいというメリットがあります。

専門学校に入学するには

専門学校では入学資格として高等学校の卒業や3年間の高等専修学校の卒業などが必要です。
今高校生の場合であれば、高校3年生の夏までには自分の進路や行きたい専門学校について調べておくようにしましょう。
インターネットの情報サイトや学校の専門情報誌を使って、自分の適性からなりたい職業や興味がある分野の専門学校を調べることもできます。
専門学校を絞ったら入学説明会やガイダンスに参加して学校の雰囲気をつかみましょう。

専門学校の出願受付は10月ごろから。
選考の内容は学校によって違います。
定員に達すると募集を締め切る学校もあるので、出願書類は早めに提出しましょう。
学校によっては推薦入試が可能な場合もあるので、学校に確認も必要です。
推薦可能な学校から志望校を絞っていくという方法もあります。

専門学校の動向

専門学校の近年のの動向としては専門学校がキャリアステップの手段として活用されていることが挙げられます。
今までも大学と資格や公務員専門学校のダブルスクールはされていました。
最近は大学卒業後に職業スキルを求めて専門学校で改めて学んだり、社会人がキャリア形成を目的にして通う傾向があります。

社会で専門的なスキルに対するニーズが高まった結果かもしれません。
専門学校の多くが広く社会人にも入学可能です。

専門学校は新しい学び方の中核の役割を果たす存在です。
専門学校にすき炉を求めて通う人が増えた結果、専門学校に多様な年齢や経歴の人々が集まるようになりました。
色々な人から刺激が受けられるのも専門学校の特色。
授業だけでなく色々な人たちと人脈をつなげることで、将来の大切な財産になるでしょう。