Webについてを学ぶ

情報活用に関する知識や技術は現代社会では必須のスキル。
情報や通信技術に詳しい人材のニーズは年々高まっています。

多くのプロが関わるWebの仕事

Webサイトは多くの工程を経ることで完成します。
企画を立てるところからはじまって、コンセプトに沿ったデザインを製作。
そこからコーダーといわれる人がHTMLなどを使い記述して組み立てます。
それをプログラミング言語を使ってシステムを構築し、動作などを確認して完成です。
これだけの人が関わって、Webサイトがはれて公開になるのです。

Web業界は製作工程で色々な役割を持った人々が関わって創られています。
スペシャリストがそれぞれのフィールドで活躍しているのです。

例えばデザインを担当するWebデザイナーはグラフィックデザインやイラストレーションに習熟しクライアントの要望を汲み取って形に仕上げます。
Webプロデューサーは企画や製作を担当する総監督。
クライアントとの打ち合わせやマーケティングをしてプロジェクト全体の統括をする仕事です。
Webディレクターはデザイナーやライタープログラマーなどをまとめあげて進行を行っています。

Web業界の動向

インターネットは1990年代から急成長したメディア。
競争も激しく、これからも成長や変化が大きい業界です。
働く人々も進化し続けるソフトウェアや情報産業についていかなければなりません。

企業もその対応を迫られるため、新しい技術に対応できる人材を必要としています。
近年の動向としてはスマートフォン関係のサイトやアプリに対するニーズが高い傾向にあります。

Webを勉強するには独学で勉強するか、専門のスクールに通うのが一般的。
どちらが向いているかは人それぞれです。

独学でWebを学ぶ

独学の場合、本やネットを使って勉強することになります。
最近は基本的なWeb制作の流れを開設してくれるサイトがあり、独学にはうってつけです。
空いた時間を使って勉強することができるので社会人でも独学ならば勉強しやすいかもしれません。
しかし初めてのWebの勉強は人によってはハードルが高く、投げ出してしまうことも少なくありません。
学校のようにわからない部分を先生に質問できないのも続かない理由のひとつです。

専門学校で学ぶメリット

Web関連の専門学校に入学すれば初心者でも基礎から丁寧に勉強することができます。
もちろん学費はかかりますが、専門学校の最先端の設備を使うことができて就職転職支援が受けられるので高いとは言い切れません。
人脈が増えていくことで視野が広がることも将来的には大きなメリットになるでしょう。

ここではWebについて学べる専門学校をいくつか紹介させていただきます。
学校によって就職先や目指す人物像が違うので必ず情報収集をしておきましょう。

札幌商工会議所付属専門学校は札幌商工会議所が経営する専門学校。
情報技術が必要とされるあらゆる分野のエキスパートを養成しています。
地元企業と強いネットワークがあるため、高い就職率を誇り地元に密着した実習も豊富です。

HAL東京はIT・デジタルコンテンツ特化の有名専門学校。
グループでプロジェクトチームを作り学習するシステムがあり、企画や制作、運営の実践をすることで確実に能力をつけることができます。
スマートフォンアプリ開発専攻やWebデザイナー専攻など目指す職種がわかりやすいのも特長。

東京デザインテクノロジーセンター専門学校では高いスキルを身につけたい人のための教育が徹底されています。
産学協同でおこなう授業で実践力を養うことができます。
企業プロジェクトやインターンシップも盛んです。

日本工学院デザインカレッジは3年間でWebのスペシャリストを育てる専門学校。
基礎からWebについて勉強し、卒業後即戦力となる人間を目指します。
自分の成果を発信できる展覧会が定期的にあるのもうれしいですね。

Webについて学ぶ専門学校はそれぞれ違う得意分野があります。
自分の興味がある分野や、将来のビジョンにあった学校を選択しましょう。
資料を請求したり、オープンキャンパスに参加するのもいい刺激になると思います。

関連記事